いろんな制限も気にならなくなる格安航空券の購入方法について

家族旅行となると、いろんな制限が生まれてしまうのもLCCの格安航空券です。家族だからこそ、安い運賃で飛行機に乗れる格安航空券を利用したのに、想像していなかった不便な想いをしてしまうこともLCCは多いです。それでも対策方法がありますので、家族旅行にありがちな部分から見ていきましょう。

■子供がいる場合
何かと大人の都合通りに動いてくれないのも子供です。2歳までは幼児として扱われ、膝の上に乗せるのであれば無料になりますが、それ以上は大人と見做され普通料金になってしまうのもLCCの特徴です。また喉が渇いた、機内でおとなしくできないからビデオを見せたいようなときも、LCCでは別料金になります。

レガシーキャリアでは当然のサービスを削減したことによって格安航空券を得られていますので、そこは我慢しなければなりません。喉が乾かない、おなかが減らないようにチェックイン前に済ませておく、タブレット端末を持ち込んで飽きさせないようにするなど対策をすることで、大人に不都合な子供対策を行うことが可能です。

■レガシーキャリアと変わらない対応も
障碍者の方がいるようなとき、LCCもレガシーキャリアと同じ対応をしてもらえます。人手が掛かる場合は、事前にそれを伝えておくことで、レガシーキャリアのようにフルサービスで対応してもらえますので、あまり気にしないでください。また急病で薬を飲むときに水が必要になったとき「別料金です」なんて笑顔でいうCAもいませんので、臨機応変に対応してもらえます。

LCCのメリットを最大に引き出したいのであれば、利用者の我慢と対策が必要になります。どれも無理なことではありませんので、積極的に対策をして格安航空券のメリットを感じてください。