預け荷物から見る格安航空券のメリットを確認しておけば損をする確率が下げられる

預け荷物が有料になるのはLCCの特徴であり、格安航空券が高い航空券に化けてしまう原因のひとつになっています。しかしLCCの特徴をよく観察することで、預け荷物有料の受け取り方が変わることがわかります。利用する空港に就航しているLCCによって、使い方を変えるだけでももっと安く格安航空券を利用することが可能です。

■預け荷物無料のLCC
預け荷物を意味する受託荷物が制限重量以内であれば無料のLCCもあります。ソラシドエアとエアドゥは20キロ以内であれば無料になりますので、旅行をするのであれば積極的に利用したい格安航空券になるでしょう。またスカイマークは15キロ以内であれば無料になります。

預け荷物が有料になるのがLCCですが、こんなうれしいサービスを提供している航空会社もありますので、利用する選択に入れることをおすすめします。

■持ち込み荷物を利用しよう
機内持ち込み荷物は無料になっているLCCがほとんどですので、持ち込みを利用しましょう。ただLCCによって2個までや重量制限がありますので、それに従ってください。搭乗手続きをするときに、係員が測定を強化しているLCCもあり、それを超過すると容赦なく追加料金を支払わなければならなくなります。

痛い出費になりますので、よく考えてから持ち込みをするようにしましょう。特に旅行からの帰りの分は、お土産などで荷物が多くなりがちです。搭乗手続き前に測定できるエリアがありますので、それを利用して前もって調べておくことをおすすめします。

もし超過したとしても、数グラムでアウトというようなことはありませんが、数キロオーバーとなると別料金が発生します。預け荷物と含めてよく検討して、格安航空券を選ぶようにしましょう。